検診を受けながら

ドクターとナース

卵巣は、女性にしかありません。左右1つずつあり、女性ホルモンが分泌されるとても大切や機能です。女性ホルモンが減少してバランスを崩すと様々な症状が起こります。大切な機能を果たす卵巣ですが、卵巣がんになることもあります。卵巣がんについて考えてみましょう。卵巣に腫瘍ができることを言いますが、ほとんどの腫瘍が良性の場合が多いです。中高年からが発症の確率が高くなりますので注意が必要です。症状は、病気が進行しないとわからないほど初期の頃は気づきにくいです。普段から定期的に婦人科の検診を受けていると発見されやすいです。主な症状は、下腹部の違和感、卵巣による圧迫で尿が近くなる、出血などが考えらえます。症状がある場合には、婦人科へ行きましょう。

卵巣がんが発見されましたら、手術をしなければなりません。悪性の場合には、転移しているかもしれません。腫瘍を取り除く手術をします。卵巣がんが、悪性の場合には、がん治療をすることになります。卵巣がんにならないためにも予防をすることをお勧めします。バランスのとれた食事、食べすぎに注意、アルコールを控える、タバコは吸わない、適度な運動、体を清潔に保つなど気をつけましょう。中高年になりましたら運動量の減少から、肥満になりやすくなりますので注意が必要です。健康な体作りに運動をして血流を良くしておきましょう。卵巣がんを早期発見するためには、婦人科の検診です。特に中高年になりましたら1年に1回ぐらいは、検診を受けましょう。

Copyright© 2017 健康増進代替治療が美容と肺がんにも力発揮する:ボディメンテの極意 All Rights Reserved.