見つかりにくいがん

医者

皮膚のかゆみや黄疸

肝臓で作られた胆汁という消化液は、胆道を通って十二指腸に運ばれていきます。胆道は胆汁の通路である胆管と胆汁を一時的にためておく胆のうから出来上がっています。それぞれの組織にできるがんを、胆管がん、胆のうがんと呼んでいます。両方を合わせて胆道ガンと呼んでいます。胆石や胆のう炎、胆管炎などの病気があると発症の危険が高まることが確認されています。胆管がんと胆のうがんでは症状の出方に違いがあります。胆管がんはがんによって胆汁の流れがせき止められるため、皮膚や目の白い部分が黄色く変色してしまう黄疸や、激しい皮膚のかゆみ、便の色が白っぽくなるなどの症状があらわれてくることが特徴になっているがんになります。

胆汁の通り道を確保

胆管がんが疑われると黄疸や痛みについての症状についての問診や、診察に続いて血液検査や、腹部のエコーCT,MRI検査などで胆管や膵管を調べていきます。必要に応じて腫瘍マーカー検査や、おなかの中から胆管に針を刺してみて造影剤を注入してX線撮影を行うPTCや、内視鏡を十二指腸まで挿入して細い管を胆管と膵管の出口である、十二指腸の乳頭から造影剤を注入してX線撮影を行うERCPなどが行われます。このような検査によって胆管がんの進行の程度を調べていきます。治療は主に手術や薬物療法、放射線治療が行われていますが、黄疸があらわれているときには感染が合併する危険があるため、治療の前に胆汁の通り道を確保する治療を行うこともあります。

Copyright© 2017 健康増進代替治療が美容と肺がんにも力発揮する:ボディメンテの極意 All Rights Reserved.