食生活の欧米化

相談

自覚症状

前立腺がんは男性特有のものですが、欧米人に圧倒的に多く発症していました。しかしながら第二次世界大戦後の日本人の食生活の変化によって日本人の間でも増加傾向が見られます。肉やミルクなどの脂肪類の摂取が原因として上げられており、穀物や豆類のような食物繊維の多い食べ物を摂る必要があります。前立腺がんは初期の段階では症状がありませんので50歳を過ぎたらPSA検査を行うことが重要です。前立腺がんが進行すると尿道が圧迫するために尿が出にくくなったり、回数が増加したり、残尿感を感じますが、こうした症状は前立腺肥大でも現れますので比較することはできません。前立腺がんが尿道まで広がると痛みや血尿が見られるようになります。

腫瘍マーカー検査の重要性

前立腺がんが進行するとリンパ節や骨に転移します。転移する前に処置をすれば比較的治りやすいので転移前に発見することが重要です。前立腺がんは初期の状況では症状がありませんのでPSA検査を受診することが重要です。PSA検査は血液検査だけの簡単な検査方法です。この検査のカットオフ値によって検査や治療を行うことになります。前立腺がんは転移していなければ全摘出や放射線治療によって治すことが出来ます。その他に内分泌療法や抗がん薬療法を適用することも有力です。75歳以上の高齢者になりますと全摘出をしないで放射線療法を採用するのが一般的になります。いずれにしても前立腺がんは食生活で食物繊維を多くすることで罹病をよぼうすることと、年齢に応じて検査を受診することが重要です。

Copyright© 2017 健康増進代替治療が美容と肺がんにも力発揮する:ボディメンテの極意 All Rights Reserved.