注意すれば防げるがん

カウンセリング

肝炎は油断できない

もともと肝炎をわずらっていた人が、症状が進行してやがて肝硬変になり、そのまま肝臓がんに移行するというケースが多く見られます。肝臓がんになる人の中には他の臓器のがんが転移したという人もいますが、患者全体の実に8割程度の人が肝炎が原因で肝臓がんにかかっています。肝炎というと単なる炎症のように聞こえて、簡単に治るのだろうと考えて特別治療を受けないままにしている人もいます。しかし、かつては治りやすい肝炎とされていたB型肝炎の場合でも、近年になって重症化しやすい欧米型と呼ばれるタイプが増えてきているので注意が必要です。また、D型肝炎はB型肝炎にかかっている人だけがかかる肝炎ですが、これに感染すると症状が悪化することがわかっています。したがって肝炎を甘く見ずにきちんと検査や治療を受けることが大切です。

糖尿病の人も注意を

肝臓がんを引き起こす肝炎に対しては、ワクチンなども開発されています。将来肝臓がんにならないためにも、ぜひ肝炎の段階できちんと治しておきたいものです。肝炎ウイルスを持っている日本人は200万人を超えていることが明らかになっているので、血液検査を受けることも推奨されています。肝臓がんの大きな原因のひとつはウイルスがもたらす肝炎ですが、もちろん肝炎ウイルスを持っていない人でも肝臓がんになるケースはあります。その場合の原因は過度の飲酒です。また、糖尿病の人も肝臓がんになりやすいといわれています。このように肝臓がんの原因ははっきりしていることが多いので、自分で予防や改善できることには積極的に取り組んで、肝臓がんをしっかり予防しましょう。

Copyright© 2017 健康増進代替治療が美容と肺がんにも力発揮する:ボディメンテの極意 All Rights Reserved.